TOP > 水電池の特徴

柏葉水電池の特長

水(H2O)を含んでいる液体があればどこでも発電できます

注水は、水、お茶、コーヒー、醤油、川の水、海の水、水分であれば何でも、発電可能です。
災害などの非常時にも、水は欠かせないものです。
その水と水電池さえあれば、発電ができるのです。
これが水電池が災害時など備蓄品として選ばれる最大の理由です。

電源が無い場所に、自分の好きな場所に、設置できる

災害時など停電の時はもちろん、
屋外工事や野外活動などの電源が無い場所にも水電池製品は最適です。

停電の時は当然ですが電源は機能しません。
それ以外にも夜間工事などを行う工事現場の皆様や、夜間警備の警備会社の皆様など、屋外などで電源が無い場所での発電を利用される方にもたくさんご利用いただいたいます。
場所を選ばずに発電出来ることで、屋外での発電でも水電池が選ばれてます。

水を入れなければ放電しないので、長期保存ができます。

約4~5年の保存が可能。真空パック保管で10年ほど保存できます。
乾電池は使用しなくても放電し続けてしまいます。しかし水電池は水を入れるまでは放電しません。
そのため長期での保存が可能です。災害時などのために、お持ちになっている懐中電灯ですが、いざ使用するときになったら液漏れして使えなかった、というご経験もあるかと思います。
水電池は長期保存ができるので、懐中電灯のサブとして自治体様などから、災害用の備蓄品として、水電池懐中電灯をご利用いただいてます。

水電池その他の特徴

  • 分別廃棄が可能→環境にやさしいECO(乾電池は産業廃棄物)
  • 再注水で発電可能
  • 発電時間が長い(連続通電で400時間~1,500時間)→乾電池は72時間
  • マイナス20度でも発電